吉田誠 プロフィール

| English
profile photo

「彼はクラリネット奏者にとどまるだけでなく、既に芸術家である」

ミシェル・アリニョン(ソリスト、パリ国立高等音楽院教授)

「その若さにして、音楽性の高さ、技術の高さに驚愕した。既にアーティストだ」

ロマン・ギュイヨ(ソリスト)

プロフィール

高い芸術性と抜群のテクニック、美しい音色でクラリネットによる新たな表現世界を開拓している期待の大器。
1987年兵庫県生まれ。5歳からピアノを、15歳からクラリネットを、22歳から指揮を始める。2006年東京藝術大学入学後、渡仏。2008年フランス地方国立リュエル・マルメゾン音楽院を審査員満場一致の最優秀賞ならびにヴィルトゥオーゾ賞を得て高等課程を最短二年で卒業。文化庁海外新進芸術家派遣員として、2009年パリ国立高等音楽院に首席入学し、ミシェル・アリニョン、パスカル・モラゲス両氏のもとで研鑽を積み、ジュネーヴ国立高等音楽院では、ロマン・ギュイヨ氏に師事した。
第19回欧日音楽講座に於いて、ミシェル・アリニョン特別賞を特設され授与。第5回東京音楽コンクール木管部門第1位及び聴衆賞。

2012年〜2014年までサイトウ・キネン・フィスティバル松本(現セイジ・オザワ松本フェスティバル)+松本市民芸術館共同企画「兵士の物語」に毎年出演。2014年、トヨタ・マスター・プレイヤーズ、ウィーンのソリストに抜擢され、全国ツアーに参加し、巨匠ペーター・シュミードルと「クロンマー:2台のクラリネットのための協奏曲」を演奏。同年テビューアルバム「くらりずむ」をリリース。2015年には自主企画リサイタルシリーズ「五つの記憶」を始動し、アート・ディレクターの田村吾郎とのコラボレーションも大きな話題となった。同年、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン、ルツェルン・フェスティバル・アークノヴァ2015 in 福島の音楽祭へデビュー。2016/17シーズンは、2ヶ月連続でテレビ朝日「題名のない音楽会」で特集が組まれ、音楽業界の注目を集める。6月、萩原麻未、成田達輝、横坂源と共に「メシアン:時の終わりのための四重奏曲」の全国ツアー行い、サントリーホール チェンバー・ミュージック・ガーデンにも初出演し、ジョン・健・ヌッツォ、ラデク・バボラークが独奏を務めた「ブリテン:セレナード Op.31」を指揮。10月にはウィーンフィル首席奏者、ダニエル・オッテンザマーの代役として「ウェーバー:クラリネット五重奏」を熱演し、神戸国際芸術祭(音楽監督:ヘーデンボルク・直樹)への鮮烈デビューを果たした。11月にはサントリーホール ブルーローズでのソロ・リサイタルを成功裏に収めた。
2017/18シーズンは、世界を舞台に活躍するピアニスト、小菅優のプロジェクト「ベートーヴェン詣」にて、小菅優、フィリップ・トーンドゥル、トゥーニス・ファン・デア・ズヴァールト、小山莉絵との共演によるベートーヴェン、モーツァルト、藤倉大のピアノと管楽のための五重奏曲の全国ツアーへの参加、日本、スイス、オーストリア、フランスでのリサイタルに加え、11月には浜離宮朝日ホールにて、自主企画リサイタルシリーズ「五つの記憶」の第3回の開催を控えている。

これまでに秋山和慶、大植英次、大友直人、小林研一郎、藤岡幸夫各氏の指揮のもと、大阪フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団等のオーケストラとソリストとして共演する他、サントリーホール、東京文化会館、紀尾井ホールをはじめ、国内各地の主要ホールでリサイタル、室内楽公演を重ねている。

クラリネットを故浜中浩一、村井祐二、山本正治、松本健司、フローラン・エオー、ミシェル・ルティエックの各氏に、指揮を小澤征爾、湯浅勇治の各氏に師事。アムステルダム在住。

使用楽器&セッティング
使用楽器: Schwenk&Seggelke Model 1000+
マウスピース:Wood Stone: Custom ordered
リガチャー:Wood Stone: Pink Gold Plate and Gold Plate
リード:Wood Stone: Premium Classic Custom ordered

With his superlative technique, musicality and insightfulness, Makoto Yoshida has established himself as one of the most gifted musician of the young generation, and continues to perform in the double role of soloist and conductor known for the extreme variety of his repertoire.

Born in Hyogo, Japan in 1987, Makoto began the Piano at the age of 5. He made his Clarinet solo debut with the Osaka Philharmonic Orchestra under Eiji Oue at the age of 15 in the performance televised nationally on NHK, only three years after picking up the instrument. After entered Tokyo University of the Arts, Makoto entered at the Conservatoire National Supérieur de Musique de et de danse de Paris upon the unanimous recommendation of the panel of judges, receiving a scholarship from the Agency of Cultural Affairs as part of the Japanese Government’s Overseas Study Program for Artists, having studied under Michel Arrignon and Pascal Moragues, at the Haute école de musique de Genève under Romain Guyot, as well as studying under Koichi Hamanaka, Yuji Murai, Masaharu Yamamoto, Florent Héau and Michel Lethiec. He studied conducting under Seiji Ozawa and Yuji Yuasa.

He went on to capture numerous honors including 1st Prize at the 9th Kobe International Music Competition, Grand Prize at the 9th Matsukata Hall Music Prize, 3rd Prize at the International Clarinet Association High School Competition, and finalist at the Torino International Music Competition, 1st Prize and Audience Prize in the 5th Tokyo International Music Competition and 2nd Prize in the Japan Wind and Percussion Competition.

He has appeared with many Japanese symphony orchestras including Tokyo Symphony, Tokyo Philharmonic, Japan Philharmonic and Tokyo Metropolitan Symphony etc. He has given recitals in Japan, France, Italy, and China and gaining high critical acclaim, and has also appeared in many festivals in the world, such as Saito Kinen Festival(Seiji Ozawa Matsumoto Fesitval), La Folle Journée au Japon, Lucerne Festival ARKNOVA, Kobe International Music Festival etc.

Makoto frequently appears in TV programs and national newspaper/magazines and attracts the audience.

Makoto Yoshida currently living in Amsterdam and Tokyo.